知り合いの就職体験談|就職体験談 | 就職体験談

知り合いの就職体験談

Irrigation Service employees, Flathead Irrigation Project
Irrigation Service employees, Flathead Irrigation Project / The U.S. National Archives


地元の知り合いに個人で便利屋稼業を営んでいる方がいます。その方の就職体験談なのですが、この方は高校を卒業してからしばらくフリーター生活を送りその後たまたま縁があったと運送関係の会社にトラックドライバーとして一旦就職しました。中長距離の配達が仕事だったので個人でトラックを所有し、それなりにいい給料を貰っていたらしく会社への不満はなかったとか。

しかしフリーター時代に勤めていた職場から人手不足なので戻ってきてくれないかという相談を受けそれを受諾、運送関係の会社を退職し以前アルバイトとして勤めていた職場へ再就職をしました。その職場でアルバイトとして働いていたのが自分でそこでその方と知り合ったのですが、自分より一回り年齢が上なのにフランクに接してくれるような非常にいい先輩でした。

その方が再就職した先での仕事が満期を向かえそれと同時に会社は実質解散状態になってしまいました。これからどうしようかと考えたその方は自営業で食べていくことを決意、便利屋として起業し初期の頃は自分もアルバイトとして何度か雇ってもらいました。起業してから五年後には会社を法人化し今では立派な社長として働いている地元の知り合いを友人の一人として誇らしく思います。


◆おすすめのサイトはこちら◆