就職体験談的に必要だと思ったこと|就職体験談 | 就職体験談

就職体験談的に必要だと思ったこと

Irrigation Service employees, Flathead Irrigation Project
Irrigation Service employees, Flathead Irrigation Project / The U.S. National Archives


就職活動は今までの人生で何度も行ってきたので体験談を書こうと思います。私が最初に就職したのは板前の見習いでした。職人の修行ということで親戚のコネクションで入社したわけです。その時初めて履歴書を書いたんですが字が下手で何度も書き治しさせられました。今を思えば、あの時に何度も履歴書を書き治したおかげで履歴書を書いても誤字脱字をしづらくなったんだと思います。

履歴書は一見購入時の1セットのみで仕上げる物と緊張したものですが、それよりも仕事の受かるのが重要なのでとことん納得が行くまで履歴書を書いてゆくと良いと思われます。次に就職したのが親の友人のコネクションでトラック運転の助手を受けました。その時学んだのはやはりどんな仕事でも運転免許証等の社会人として一般的な資格は持っておいた方が就職に有利ということです。費用がかかるものはありますが働けば元は取り戻せる上。

資格の習得自体は比較的難しいものではないので、取得は最低限しておくべきと思います。例えば就職後に取ろうとしてもなかなか時間が取れないものなので学生時代に決めた方が良いです。それから他にも就職活動をしまして総合的に重要だと思ったのがやはりやる気もそうですがコネクションはもっとも重要だということです。就職までには専門学術の習得など人によっては必要なものもあるでしょうが、人脈を広げておくことが一番なりたいものに近づける道だといっても過言ではありません。


◆おすすめのサイトはこちら◆